ボーナス払いと金利について

住宅ローンを組む際において、ボーナス払いを組み入れるかどうか、金融機関より確認されます。ボーナス払いとは、ボーナス時:年二回において、毎月のローン支払い額に増額してローン返済を行う方法となります。この返済方式の場合、毎月の返済額はボーナス併用としない場合と比較し、月額支払額が低く抑える事ができます。が、最終の支払総額としては、ボーナス払いを併用した方が返済総額が高くなってしまいます。これについては、金利と元金の減るスピードに差が生じる事からしかたがありません。住宅ローンは返済期間が非常に長期にわたる為に、同じ金利であっても元本の減少するスピードに応じ、差が生じてきます。ボーナス払いを含めて計画しますと、将来においてボーナス減少が発生した場合、変化に対応できないケースも考えられますので、基本的にはボーナス併用でなく、毎月均等払いとし、また金利が低いローン商品を選定する事が住宅ローンを選定するうえで肝要であると考えられます。